2011年5月4日水曜日

生誕100年岡本太郎展

生誕100年岡本太郎展@国立近代美術館へ行ってきました。



岡本太郎については、興味はあったけれど、
代表的な作品や「芸術は爆発だ!」という名言などしか知らなかった。

もうすぐ会期終了だし、生誕100年だし、
ちょうど岡本太郎氏が原水爆をテーマに描いたという
渋谷駅に展示されている「明日の神話」に福島原発を描いたベニヤ板が
貼り付けられたとかで話題になっていたのもあって、
今が行くタイミングだ!!と思い立った。



会場に入る前に、今回の展覧会記念の岡本太郎作品ミニチュアモデルのガチャガチャ☆
結構並んでたけど、一日3000個という限定モノに弱い私は速効並んでしまったw



全部で8種類のうち当ったのは 「坐ることを拒否する椅子」でした。
小さいのになんて存在感☆


展覧会の感想は、岡本太郎初心者の私にはとってもわかりやすい流れで
時代と作風の変化を見ることができて満足した。

どの作品も思ったよりすごく大きくて、色とパワーに圧倒された。

太陽の塔があんなにすごい構造になっていたとは知らなかったし、
あの時代の日本人のすごいパワーを見た気がする。
父が九州からわざわざ見に行っただけある!

出口では「太郎のことば」がくじ引きみたいにひけました。


いただいたことばは・・・


ずーんと来たよ!!

0 件のコメント:

コメントを投稿

Googleアカウントをお持ちでない方はプルダウンで「名前/URL」を選び入力してください。URLは必須ではありません。