2012年5月12日土曜日

ボストン美術館展

東京国立博物館平成館で開催中の「ボストン美術館展」に行ってきた。

上野駅ではなく鶯谷駅の南口から行くと近いということで、初めてのアクセス。

まずは改札を出てすぐのおそばやさん「公望荘」でビールを一杯いただき、鴨せいろ をば。

写真はないけれど、上品なお味で量も多すぎずとっても美味しかった♪

 

さてメインイベントのボストン美術館展。

B30897AE-E2CD-4341-B302-2DF979EBF210.JPG

中谷美紀さんの音声案内を手に進む。(中谷美紀さんと言われなければわからないくらい落ち着いててなぜか凄みのある感じでした)

廃仏毀釈で見捨てられそうな日本美術をお雇い外国人のフェノロサ、彼に師事した岡倉天心が保護に努めた。

仏画からはじまって仏が好きなので見入っていたけど、その後に快慶の弥勒菩薩立像を見たら

やっぱり立体の仏像がいいな!と思ったw 素晴らしかった!

 

あと印象に残ったのはやっぱり今回の目玉のひとつである曾我蕭白の雲龍図。

圧巻だったし、怖さというよりユーモラスな感じを受ける龍に親しみを覚えた。

他にも絵巻や狩野派の屏風絵、伊藤若冲もあったり、着物や刀剣など盛りだくさんだった!

昔は山水画とかそんなに興味がなかったけど、日本のものって最近心に響く。

 

そのまま本館の常設展へ。実ははじめて。

こんなにたくさんあるとは知らなかった。すごいボリュームでした!

空いてたし、自由に見ることができた。これは穴場かも。

本館の装飾が好みでした。

169F301C-2687-411B-9FB0-E36129C47E92.JPG

 

36913920-820D-41C8-B0FE-21F5ED291B75.JPG

外の広場ではちょうどユリノキが花をつけていた。初めて見たよ。

ユリノキと言いつつチューリップのような花をつけるチューリップツリーという呼び名もあるらしい。

花をつける木って好きだわ。

F2A15155-47E1-4FE5-9E02-9B2D7A0BEC22.JPG

0 件のコメント:

コメントを投稿

Googleアカウントをお持ちでない方はプルダウンで「名前/URL」を選び入力してください。URLは必須ではありません。