2012年5月27日日曜日

初めて心療内科へ行ってみた

毎月ある時期が来ると、どうしても抑えられないイライラ、悲しくなってひどく泣いたり、

昔あった人間関係の嫌なことを思い出して「やっぱり絶対許さない!!」と怒ったり

身近な人にあたったり。それが自分でコントロールできない感じ。

 

それが大体ひと月に1~2回、日にすると1週間~10日くらい?

それで生理と関係しているのではと基礎体温をつけ始めたのが去年くらいかな。

それをアプリにメモして、イライラとか鬱々とか書き込んだのを見ていくと、

大体生理1週間~10日前、それから生理終了後、おそらく排卵期あたり。

でも実際に生理が来ると嘘のようにモヤモヤがさ~っと晴れてしま

またひどい鬱々な時期との繰り返し。

これってPMS(月経前症候群)ではと気づいて結構経つけど、今までなんとなく過ごしてきた。

 

大学時代の仲のいい友達もそうで、婦人科で漢方薬もらえたりするよ、と教えてもらって。

例の時期が来たので、午前中会社を休んで最寄り駅から数駅の婦人科へ行ってみた。

そしたら、「生理の周期もキチンとしてるし、ホルモンの異常ではない。自分でコントロールできないの?精神的な問題だから心療内科へ行ってください」と。

診療費もなしでいいって。まあ払う気もなかったけど!

悲しくて悔しくて、泣きながら帰ってきた。

晒したいくらい!!!!小心者だからしないけど・・・

 

それを友人にメールしたら、今まで2箇所病院行ったけど、そんなこと言われたことないって。

彼女は少し症状が重いので、今では心療内科に行ってるので、そこを紹介してくれた。

 

早速電話をしてみると、その夜運よく予約が取れたので行ってみた。

初めての心療内科、どきどき…

優しそうな受付のお姉さん、本やホワイトボードには自由に描いてね!とたくさんの落書き。

簡単な心理テストに答えたあと、優しそうな私服の男の先生と面談。

PMSと思われる症状のこと、家族構成や日ごろの食事、仕事のストレス・・・色々聞かれた。

心理テストは神経症の傾向はあるけど全然問題ない範囲。

ただ食事で全然肉が足りないので(そんなつもりはなかったがw)鉄が不足しているのでは、と。

女性は特に鉄が足りなくなりやすく、そうするとイライラの原因になるそう。

自分で話をしていると、日ごろ世間のみんなが抱えているストレスとなんら変わらないというか、たいしたことない気がしてきて、先生にそう言ったら、いや、女性の栄養は大事ですから、と暖かい言葉をいただけて、ほっとした。

 

ひとまず昨日は、加味逍遥散という婦人系にいい漢方薬を処方してもらいました。

来週、昨年の健康診断の血液検査の結果を持って行くことに。

心理テストも交えて看てくださるそう。

 

いいお医者さんを紹介してもらえて、友達に感謝です。

彼女も、自分でコントロールできないというのは事実なんだし、人がおおげさと判断することではないと思うよ、と言ってくれた。

よくなりますように。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Googleアカウントをお持ちでない方はプルダウンで「名前/URL」を選び入力してください。URLは必須ではありません。