2012年8月22日水曜日

宇都宮日帰り小旅行1~フィンランドとくらしのデザイン展@宇都宮美術館

東京では開催がないからどうしようと思ってた「フィンランドとくらしのデザイン ムーミンが住む森の生活展」。

上野から鈍行で2時間ほどで行けるとわかったので、1日お休みして宇都宮美術館に行ってきた。

着いてみると宇都宮駅はすごく開けてて大きな駅でびっくりしたm(._.)m

美術館は駅からバスで20分ほど。

芝生の広場が見えてきて、綺麗な建物が迎えてくれた!





大学の学生証見せたら500円で入れた♪ なので+500円で音声ガイドも借りたよ。





フィンランドという国がどういう国なのか知ることができてよかった。

その気候と文化が今回展示されていた作家や作品たちたらしめたのだな、と。

7ヶ月に及ぶ長い冬、家の中で心地よく過ごせるように、好きなデザインやものたちを選ぶ、なるほどと言った感じ。

冬の景色も、大学のころスキーで山こもっていたので、寒空もなんだか親しみが持てたよ。

それから「カレワラ」という日本の古事記のような神話があって、興味が持てた。

 

ムーミンシリーズを最近ずっと読んでいたので、ヤンソンのムーミンの原画が見られたり、

そのストーリーもフィンランドの気候が反映されているのを理解できて、よかった。

 

マリメッコの生地たちにも元気をもらった!

お洒落で機能的なスツールや食器たちも。

 

コレクション展も見てきたよ。マグリットの「大家族」が見られるとは。

カンディンスキーや松本俊介もあって、満足した。

 

ショップでは図録とポストカードを購入。

レストランで食事したかったけど、混んでいたのでやめて、バスが来るまでの時間芝生をぐるっと一周。



大きなうさぎがぴょん。



宇都宮駅へ戻って、せっかく来たのでただでは帰らず。大谷方面へ続く!

0 件のコメント:

コメントを投稿

Googleアカウントをお持ちでない方はプルダウンで「名前/URL」を選び入力してください。URLは必須ではありません。