2012年8月22日水曜日

宇都宮日帰り小旅行2~大谷地区

時間があったら宇都宮の他の名所も行ってみたいと思っていて、行く前に宇都宮観光コンベンション協会のページを調べて出てきたのが大谷。

大谷石という石で有名で、天然の洞窟にすっぽり包まれた大谷寺とか、ワクワク♪

宇都宮美術館から駅に戻り、さくっとお昼を食べてから今度は大谷方面へバスで約25分。

 

でも、バスに乗ってまず心配になったのが、平日ではあるけどバスの乗客が少ないこと、それに運転が荒いこと

そして宇都宮の街を離れるに従い、寂しい町並みになってきたこと・・・

確かに大谷に近づくに連れて、石造りのお家や石材屋さんが見えてきたのは確か。

降りたそばから目に飛び込んできたのは高台にある廃墟!

(あとから調べたら大谷グランドセンターというホテル?の有名な廃墟とのこと)

しかも近くのお店も廃墟!なんじゃこりゃ。。

 

ちょっと心配になったけど、気を取り直し、バス停から少し歩いて大谷寺へ。

坂東三十三箇所第19番札所なのね。入るのには300円かかりました。

入ると わおー!サイトで見たように、岩下にすぽっとお堂がある。

カップルも1組いて、ちょっと安心。







お堂の中に入ると大谷石に彫られた大きな千手観音が。

ゆっくり見たかったけど、巡礼の団体さんがいて一斉にお経?を詠み始めたのでそそくさと次へ・・・

千手観音のほかにも釈迦三尊像や阿弥陀三尊像など大きな磨崖仏が全部で10体。

写真撮影禁止だったので写真はないけれど、なかなかの圧巻でした。

当時は色も塗ってあり、豪華だったみたい。

 

せっかくなので御朱印帳かいてもらっている間に宝物館とお庭を散策。

宝物館にはなかなかの迫力の縄文時代の人骨がありました~

白蛇の伝説があるというお庭の池には白蛇の置物?がいて、なんていうかチープな感じが満点。



長くいられる感じではなかったので、すぐ近くの大谷平和観音に行ってみた。

こちらもいきなりでかい観音さまが現れて、なんじゃこりゃー!でした。



第二次世界大戦の戦没者供養のために彫られたもので、昭和31年に開眼。

横には階段があって、肩くらいまで後ろ側に登ることができた。怖くてすぐ降りたけどw



この観音さまも含めて大谷公園という公園になっていて、自然にできた石の形に名前をつけたのがいくつもあった。





しかし炎天下で日陰もなく暑い~

でもがんばって今度は大谷石資料館へ。大谷寺から約600メートルとのこと。

地下の採掘跡とかワクワク!ここでファッションショーとかコンサートとかも開催してるらしい。

暑さにぐったりしつつがんばって行く。

ところがそこここに一般の家なのか小さな廃墟がたくさんあり、人も全然歩いていないので不安でしょうがなかった。

今ここで連れ去られたら誰も気づかないよね・・・と。

着いて愕然。震災以来休館だってさ~ちゃんと調べていけばよかったorz

 

その後バスが来るまで40分あまり。

カフェもコンビニももちろんなく、石の体験館みたいなところでお茶できるぽかったけど

お客さん誰もいないから入りづらく、

結局大谷寺の前の駐車場しか日陰がなかったので、そこで携帯いじって時間を潰した。。

 

宇都宮駅やっと着いて、本当は餃子にビールして帰ろうかと思ってたけど

大谷で暑い中歩いてぐったり、食欲も涌かないのでお土産にして帰ることにしました。

 

いや~ほんとワンダーJAPAN的なところに来てしまったと思って

大谷でバス待ってるときは本当にしんどかったんだけど、

寂れた観光地を体感できて、ある意味面白かった。帰ってきてみればの感想だけどw

(あとで調べたら本当にワンダーJAPANに載ってたらしい!)

 

宇都宮、奥が深いわ~

大谷にはもう行くことはないと思うけど、宇都宮の街の看板とか古い建物とか面白そうなのがたくさんあったので、

カメラ持ってまわっても面白いかも。

二荒山神社も行ってみたい。

 

1日だったけどかなり充実したわ~♪

0 件のコメント:

コメントを投稿

Googleアカウントをお持ちでない方はプルダウンで「名前/URL」を選び入力してください。URLは必須ではありません。