2014年10月1日水曜日

9月の読書メモ。

9月は寝違えやコンディションの影響であまり海に行けなかったので、結果的にたくさん読むことになりました。
17冊。

・池波正太郎「仕掛人 藤枝梅安」シリーズ
絶筆となってしまいましたが全巻読み終えました。3人組、大好きです。
・高田郁「みをつくし料理帖」シリーズ
あと2巻を残すのみとなり、佳境に入ってきました。でも残り2冊が図書館でだいぶ待ち状態。。
・上橋菜穂子「守り人」シリーズ
徐々に進めています。10月も読みます。
・小野不由美「十二国記」シリーズ
こちらも徐々に進めています。10月も読みます。

あとは小野不由美つながり?で旦那さんである綾辻行人の王道「十角館の殺人」を初めて読んでみました。
「Another」で読んで以来2冊目、ソバージュとか表現がちょっと古いながら面白かったので、
これもシリーズで読み進めてもいいかもしれない。

「せどり男爵・・・」は「ビブリア古書堂」シリーズで知って、たまたま古本ブックカフェで見つけて購入したというセレンディピティ!
せどり男爵が楽しそうに話す本にまつわる奇妙な話・・・
作者梶山季之氏は私のうまれる前に亡くなっていて、濃い~?方というのをウィキペディアで知って
まだまだ知らない作家さんがたくさんいるんだなあ!と。

そして年始に目標に上げていた年間100冊を達成しました!
記念すべき100冊目は池波正太郎「剣客群像」でした。

150冊行けそうかな?とはいえ、焦って読んでいる訳ではなく、結果的にそうなったということなので
これからもマイペースで読んでいこうと思います。
とっとの本棚 - 2014年09月 (17作品)


















powered by booklog

0 件のコメント:

コメントを投稿

Googleアカウントをお持ちでない方はプルダウンで「名前/URL」を選び入力してください。URLは必須ではありません。